rk-baryoのゆるっと日記

元ニート、現アラサーサラリーマンが日常生活、ビジネス、会社、旅などについて語るブログ

褒められて伸びるタイプですか

転職後の入社4日目が過ぎました

こんばんは、rk-baryoです。2日ばかりブログが更新できませんでした。やっぱりサラリーマンで働きながらブログを毎日続けるのはなかなか難しいですね。まあやろうと思えばできなくないとは思いますが、私の時間の使い方とかに問題があるのでしょうねきっと。毎日7時間は眠りたいし。。

まあ今週から働き始めて明日は金曜日ということで週末を迎えるわけですが、仕事に対するモチベーションというのは今のところある程度キープできているのかなぁと思います(というか入社4日目で落ちていたら逆にかなり問題ですが)。

 

そこで今日ちょっと考えてみたいのが、自分が褒められて伸びるタイプなのか厳しく指導されて伸びるタイプなのか、ということです。

これまで私のブログを読んで下さった方はお察しかと思いますが、私は断然褒められるとモチベーションが上がるタイプです。逆に叱責されたり厳しく重箱の隅をつつかれるような指導や指摘を受けるとどんどんモチベーションが下がります。

褒められた方が自信がつく

これは言わずもがなですが、褒められるとその分だけ自分に対して根拠のない自信が体の底から漲ってきます。そして、褒められたから次も頑張ろうという風に自然に思うことができます。例えそこで少しミスをしてしまったとしても、以前に褒められた経験を糧にしてまた次という感じで上手く気持ちを切り替えていくことがしやすいと思います。

厳しくされると自信がなくなる

反対に良い部分を全く褒められることなく悪い部分ばかり徹底的に指導されるようなことがあると自信が無くなりますし、次頑張ってもダメかもしれないという不安ばかりが頭をよぎるようになります。その結果、またうまくいかなくてまた怒られて自信を無くし、、というような悪循環に陥ってしまうことが多くありました。

自分のスタイルに合うモチベーションの上げ方を

褒められて伸びるタイプの私の例を挙げましたが、あくまで私はこのように感じるというだけであって、これが万人に当てはまるとは思っていません。褒められるとだらけて何もしなくなる人だっていると思いますし、厳しく指導したほうがナニクソ根性で盛り返してくるような奴もいます。

自分はどんなスタイルで仕事を進めていければモチベーションが高く保てるのか、ということに対して真剣に向き合うことが大切だと感じています。モチベーションの持ち方でパフォーマンスは大きく変わります。だから、この部分を最大限に高められるような組織の中や上司の下で仕事できればとても幸運だと思います。また、合っていないと感じるのであれば配置転換など積極的に交渉するのも手ですね。

 

あわせて読みたい

rk-baryo.hatenablog.com

 

adios