rk-baryoのゆるっと日記

元ニートのrk-baryoが世の中に対する素朴な疑問を綴るブログです。

電車やバスで前に立っている人に席を譲るべきか問題

電車で席に座った時、目の前に立っている人が杖をついていたり高齢の方であったり妊婦であった場合、席を譲るべきかどうかという議論はいつの時代も多く議論されてきた話題の一つではないでしょうか。

基本的には席を譲るという行為が正しいと思うのが普通だと思いますが、必ずしもそうではないケースがあるのが厄介なところです。

そこで、電車やバスで目の前に立っている人に席を譲るべき時とそうでないときをどう判断したらいいか、ケースごとに私なりの視点で意見を述べようと思います。

杖をついている人の場合

杖を突いている人が目の前に現れたら、まずその人の雰囲気から年齢などから推測して席を譲るべきかどうか判断します。例えばいかにも高齢で背骨が折れ曲がっているような人だったら席を譲る選択をします。というか、杖をついている人なんて大体高齢で歩くのも辛そうな人が多いですかね。若い人であれば怪我をしている人とかでしょうか。いずれにしても杖を突いている人が目の前に来たら、席を譲るという選択肢をとることになると思います。

杖をついていない高齢っぽい人

座っているときに上を向いて前の人の顔を見るということはしないので、前の人がどんな人なのか完全に把握することはできません。しかし、顔を見ずともなんとなく雰囲気でどのぐらいの年齢の方なのか、少なくとも高齢者なのかそうでないのかというのは分かることが多いです。

前に高齢っぽい人が来た場合というのは結構厄介なケースだと思います。私自身は経験がないのですが、よく聞く話では、席を譲ろうとしたら怒られたというものです。「まだ俺はそんな年ではない」とか「老人扱いしやがって、失礼だぞ」などと言われた人を何人か知っています。

私は、前の人の顔を見ないという前提で、その他の雰囲気で前の人の年齢層は分からないということにしておき、ちょっと気になりつつもとりあえず寝たふりをしてやり過ごすという選択肢をとることがほとんどです。席を譲ってもらいたい方、申し訳ありません。こういうやつもいます。。

妊婦マークを付けている人

妊婦マークを付けていてお腹も大きい人には基本的に席を譲ると思います。お腹が大きくない人については、少なくとも立っていることに大きな支障はないだろうと判断し、その日の自分の疲労度や気分によって譲るかどうかを決めます。とても疲れていて眠りたいときなどは自分を優先して座り続けますし、余裕がある時には譲るという選択肢を取ります。

妊婦マークを付けていないけどお腹が大きい人

これも厄介です。妊婦なのかただのデブなのか判別するのが難しいことがあるからです。大体、他の体の部位は細いのにお腹だけポッコリ出ている場合は妊婦で、全体的に太くてお腹も太い人はただのデブということでなんとなく判別できます。しかし、判別が難しい場合、妊婦ならまだしもただのデブに対して席を譲るほど私は寛大ではありません。

取るべき選択肢はシンプルです。自分の基準で妊婦だと判別できるときは譲るし、判別不能なときは譲らない、となります。加えてその日の自分の疲労度や気分などで総合的に判断します。

その他の場合

松葉杖をついている人に対して、席を譲るかどうかは意外と考えてしまいます。譲るのが当然と思われる方が殆どだと思いますが、松葉杖って意外と立ったり座ったりするのが面倒くさい場合があって、立っていた方が楽というケースもあります。なので、松葉杖の方には「よろしければ、座りますか?」と声をかけるのが良いかもしれません。そして、これを書いていて今更気付きましたが、誰に対してもこの聞き方をすればあまり角が立たずに問題にもなりにくいかもしれませんね。

 

adios

今週のお題「ブログ初心者に贈る言葉」

今週のお題から記事を書きます。

「ブログ初心者に贈る言葉」ということですが、かくいう私もまだブログ初心者なので、偉そうなことは言えません。ただ、昨年8月から記事を書き始めてちょうど5カ月ぐらいブログ活動を続けていることになります。毎日記事を更新しているわけではないものの、とりあえずこれまで止めずに継続してきた結果、思ったことや感じていることを書きたいと思います。なお、はてなブログのケースについて書いていきます。

自分の考えをもって他者に働きかけることができる

人間生きていれば誰しも、何かを考えたり悩んだりしているものだと思います。その思いを日記につけたりしている方もいらっしゃるかもしれません。私もブログを始める前までは基本的に個人日記を付けて時々読み返す、というようなことをやっていました。ただ、個人日記は自分で読み返すことはできるものの、他人の目に触れるということはなく、他の人に共感してもらったり、何かインスピレーションを与えるというなことにはつながりません。

その点、ブログというのは少なくとも自分以外の誰かの目に触れる可能性があり、その人に多少なりとも影響を与えられる可能性があるということが日記と大きく異なるところです。世の中にはこんな考えを持っている人がいる、自分が悩んでいることと同じようなことを考えている人がいる、ということを知ることにより、読者の行動に影響を与えることができれば、ブロガーとしてこの上なく嬉しく思うのです。

比較的言論の自由が確保されている

私自身はあまり過激な内容で記事を書くことはありませんが、なかなかのグレーゾーンな内容で記事を書いても罪になることがないのがブログの世界なのかなと思っています。

特にはてなブログには、はてな匿名ダイアリーアノニマスダイアリー、通称:増田)なるものがあり、自分のブログでは書くことを躊躇してしまうような内容でもこの「増田」を使えば手軽に発信することができます。

anond.hatelabo.jp

最近の私のネットサーフィンの趣味の中にこの「増田」に上がっている匿名記事を読むというものも含まれてくるようになりました。

読者やPV(アクセス数)を増やすには

ブログを始めたいという方は、多少なりともブログによる収益を得ることを望んでいるかたがいらっしゃるのではないでしょうか。私も始めた当初はこの目的も持っていました。読者が増えてPVが増えれば広告収益が多くなるという仕組みです。

まず、PVを増やしたければ読者を増やすのが手っ取り早いです。読者の増やし方はとしては以下の方法があると思います。

 

・グループに参加する

共通の話題について投稿しあうグループです。自分自身の得意分野についてブログを書きたい場合、同じようなテーマについてブログを書いている人がたくさん見つかるので、何か特定の分野について特化して記事を書きたい方にとってはオススメの方法です。

hatenablog.com

 

はてなブックマークの内容を記事にする

b.hatena.ne.jp

はてなブログの中で話題になっているホットトピックが一覧になっているサイトです。この記事のどれかに対して自分の意見を述べる記事を書くことで、それが多くの人の目にとまり、注目される可能性があります。

 

・ブログのデザイン、見た目を整える

人間の魅力でもそうですが、ブログも中身(コンテンツ)だけではなく外見(デザイン)も大切です。良い内容の記事を書いていても、見た目が良くないという理由だけで中身を見てもらえないということもあるぐらいです。

最低限として、ページ全体のデザイン、目次のカスタマイズ、見出しのカスタマイズぐらいはやっておくべきだと個人的には思います。

以下は私が当ブログをカスタマイズするのに参考にした記事です。

・目次のカスタマイズ

nonbirikei.hatenablog.com

・デザイン全般のカスタマイズ

wonderland02.com

・見出しのカスタマイズ

www.notitle-weblog.com

私が今後も心掛けたいこと

私がブログを書く上で今後も引き続き心掛けたいのは、最低でも一記事1,000文字以上書くということです。1,000文字程度の文章であれば、それなりの起承転結を持った文章となり、明確な主張ができると考えているからです。

ブログのコンセプトは人それぞれであり、万人に当てはまるものはありません。だから、常識の範囲内であればどんな記事を書いても良いと思っています。

まだブログを書き始めたばかりという方のなかで、読者やPVが増えずに悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。ただ、その数字だけにとらわれてしまうとブログ本来の目的を見失ってしまうかもしれません。

一番大切なのは、”やめずに継続する”ということだと思います。周りの人がどうであろうと自分なりのペースで継続するということが最も大切だと考えています。私もマイペースでしっかり継続していきます。

 

adios

平成という時代に対する世論調査の結果を見て思ったこと

こんにちは。2019年。明けて本日1/2日となりました。あけましておめでとうございます。本年もどうぞrk-baryoのブログをよろしくお願いいたします。今年もゆるくマイペースで頑張っていきます。

何かにつけて平成最後といわれた昨年

天皇の退位が決定し、昨年から何かにつけて「平成最後の××(チョメチョメ)」という言葉を聞く機会が多くありました。平成最後の夏、平成最後のハロウィン、平成最後のクリスマス、平成最後の大晦日、元日、、など挙げていけばきりがありません。

商売としては、平成最後というフレーズを使うことによって期間限定感を演出し、駆け込み需要的な利益を狙った戦略も色々とあったかもしれませんね。

平成という時代を振り返るNHK世論調査

まずは最近、下記記事のような世論調査がされています。

www3.nhk.or.jp

NHK世論調査なので、どこまで信用するかは人次第だと思いますが、とりあえず信用に値するものという前提で話を進めてみたいと思います。

思ったこと

個人的に興味あるものをピックアップして思ったことを書いていきます。

戦争がなく平和な時代

平成という時代のイメージで最も多かった回答が、「戦争がなく平和な時代(79%)」というものです。これに関しては概ね同意できます。昭和では第二次世界大戦などもあり、多くの国民が戦死するというようなこともありました。また、それ以前でも明治維新による江戸幕府の倒幕運動に係る戦争の数々など、今の時代とは比較にならないほどの戦争で犠牲者の数も多かったと思うからです。

ただ、国外に目を向ければ2001年の米国の同時多発テロ事件やイラク戦争などがあり、今でも中東では紛争が続くなど、戦争が減っているといえるのかどうか定かではありません。まあ日本国内だけ見れば、総じて平和な方向に進んでいると思いますね。

男女が平等な時代

48%の人が当てはまると回答しています。これを高いとみるか低いとみるかの問題だと思いますが、私には高いように思えます。実際は20%ぐらいではないかと個人的には思います。

職場での管理職の比率を見ればわかりますが、まだ圧倒的に男性の方が多いと思います。まあ、女性が管理職をそもそも目指したがらないという理由もあるかもしれませんが、少なくとも今のイメージだと8:2ぐらいで男性が多いので、少なくともこれが6:4ぐらいにならないと男女平等とは言えないと思います。

また、ちょっと前に問題になった医学部への入学試験の問題などもあり、男女平等とは名ばかりで本当の意味で大きく進歩しているとは思えません。

雇用、労働環境

40%の人が良くなったと回答しています。これは微妙なところですが、どちらかというと改善してきていると思います。

経済が右肩上がりの時代は、「24時間働けますか」の合言葉のもと、「モーレツサラリーマン」などの言葉も流行っていたように、身を粉にして会社に忠誠心を誓い、来る日も来る日も働き続けるというのが美徳、という価値観があったのでしょう。私は実際にその時代にいたわけではないので詳しいことは分かりませんが。

この働き方は明らかに体に良くありませんし、プライベートもクソもあった話ではありません。週休2日で足りないよーと嘆いているようなゆとり世代の申し子のような私が、この時代のように週休1日でやっていけるとは到底思えないので。

また、オフィス内でタバコをスパスパ吸うようなことも今ではなくなったので、職場環境的な意味で改善したことは多いと思います。

ただ、その根性論的文化の名残で「ブラック企業」なる概念が現れてしまったのが平成における大きな負の遺産でもあります。微妙というのはこれがあるからです。

平成と昭和だったらどっちが良い?

最後にこの設問に対する私の回答は、無論、平成です。

ただ、平成にしがみつきすぎてそのまま年だけ重ねてしまうと、いつか新しい元号の世代に心の中でバカにされるようなこともあるかもしれませんね。ちょうど、平成を謳歌した若い世代が昭和の古臭いおっさん世代を小ばかにするように。

やはり、新しい価値観は現れるものなので、年を重ねてもそこは素直に認められる広い心を持ちたいと、平成を振り返りながら改めて感じました。

 

adios

今週のお題「2019年の抱負」

晦日となり、今年も残すところ僅かとなりました。今日は今週のお題から「2019年の抱負」について書きたいと思います。

今年は春先に職場の派遣先から突然の契約終了を告げられた時からいろいろなことを考えさせられた一年でした。

生活面

早寝早起き

2018年は睡眠時間の短さに課題が残る年となりました。まあ毎年こんなこと思っているかもしれませんが。ニートだったときは毎日8時間以上寝ていましたが、仕事の時は6時間に満たない睡眠時間が多かったと思います。実際は6時間以上確保することは難しくないのですが、ネットサーフィンとかに1時間ぐらい使ってしまっていたのが原因です。来年はこれを少しでも断ち切って睡眠時間を少しでも多く確保したいと思っています。

体重を2キロぐらい増やす

具体的に言うと、身長-体重=100ぐらいになるまで筋肉で体重を増やしたいと思っています。代謝もよくなりますし、食べても簡単には太らなくなります。また、冬場でも体が温かい状態に保たれ、手足末端の冷えなどにも有効になるからです。しもやけとかあかぎれで悩んでいる方は手っ取り早くちょっと体重を増やしてみるのも一つの手かもしれません。

仕事面

今の職場に慣れる

転職後、入社して早3カ月が経過しようとしています。入社早々炎上プロジェクトにぶっ込まれて29日まで仕事する羽目になりました。プロジェクトが忙しくて会社のチーム内での忘年会や歓迎会も一切なく、出張から帰ってくると同時に冬休みに突入するという怒涛の年末となりました。

同じチームのメンバーは大体分かってきましたが、チームが違う同じ部署の人たちとかまだ交流がありませんし、名前も顔も分からない状態です。こればかりは仕事の状況により自分の力ではどうすることもできませんが、来年はもう少し会社のいろいろな人たちと交流していきたいと思っています。

新しい働き方を模索する

会社に就職したものの、今の時代やはり会社はいつなくなるか分かりませんし、会社に縋り付いて生きていくという選択肢しかないような人生は何かもどかしいとも感じています。だから、いざというときに会社に属さなくても自分のビジネスで生きていけるというカードを持っておくということは、とても大切で必要なことだと思っています。

現状、仕事とプライベートでいっぱいで何の努力も出来ていないし、方向性も定まっていない状態なのですが、来年仕事が落ち着いてきたら少しずつ方向性だけでも決めて良ければいいかなと考えています。

その他

今年は退職や転職など、色々な意味で挑戦の年となりました。来年どんな未来が待っているのかは分かりませんが、何事もやる前から怖がらずにやって経験してみるという考え方は引き続き大事にしていきたいと思います。

そして、読者の皆様は来年も引き続きどうぞ当ブログをよろしくお願いいたします。更新頻度は若干低めになるかもしれませんが、ゆるーく息長く続けていきたいと思います。

 

adios

ジムでランニングマシーンを利用するメリット

12月も終盤となりました。

クリスマスにお正月とこれから続いていくわけですが、食べすぎや運動不足が気になる時期でもありますね。体重の増減には気を付けたいところですね。

運動不足を解消するためにランニングをしている方、またこれから始めたいと思っている方がまあまあいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、この時期に外を走るのは寒くてとても辛いものです。なかなか気が進まないと思います。そんな時に役に立つのがランニングマシーン(トレッドミル)です。

https://www.kawai.jp/uploads//2015/05/kt3x_640x480.jpg

そこで、ランニングマシーンを利用するメリットとデメリットを思いつく限りで書いてきたいと思います。

 

メリット

天候に左右されない

外で走る場合、春は花粉がひどく夏は暑くて秋だけ丁度よくて冬は寒い、だから走るのが面倒くさくて結局1年中走っていない、なんていう話はよく聞くものです。また、雨の日や雪の日とかも当然外で走ることはできないわけです。そんな時にジムにある屋内のランニングマシーンではオールシーズンで同じようなコンディションで走ることができるということが大きなメリットです。

速度調節や傾斜の設定などが自由自在

路上を走る場合に自分が今どのくらいのスピードで走っているのか、何キロ走ったのかなどを簡単に知ることはできません。ランニングのウォッチがあれば把握することも可能ですが、1万円は下らず、そんなに安いものではありません。ランニングマシーンを使えば、時速何キロとか傾斜何度とか今どれくらい走った(歩いた)かを常に把握することができます。一定のペースで走る練習やビルドアップ走などでトレーニングをしたい方にはとても有用なものだと思います。

https://www.senoh.jp/wp-content/uploads/2018/03/lab_4.jpg

テレビが見られる

ジムにもよると思いますが、おそらくマシーンの前にテレビがついているところは結構あるのではないでしょうか。テレビをつけてイヤホンを聞けばテレビを見ながら走ったり歩いたりすることができます。

デメリット

隣が気になる

ジム内ではランニングマシーンを所狭しと並べてあります。

https://omakase-answer.com/blog/wp-content/uploads/2016/02/running.jpg

利用者が多い時には左右すぐ隣に人がいることはよくあります。そんな中で足音がドタドタうるさい人や複数人で来て隣としゃべりながら走るような人もたまにいるので、そういう人と近くなってしまうと自分のペースが乱されます。片腕だけ円を描くように腕を振って隣を妨害しかねないような走り方をする人など、世の中にはいろいろな走り方をする人たちで溢れています。自分一人だけで集中して走りたいときは、空いている時間を狙ってくるか、外で走るか、またはマシーンを購入して自宅で走るか、という選択肢をとる必要があります。

まっすぐ走らないと転倒する危険がある

外で走る場合は道路の道幅が極端に狭くない限り、ある程度蛇行しながら走っても大丈夫でしょう。しかし、ランニングマシーンの幅は狭いので、蛇行するとコースアウトして転倒してしまいます。逆に言えば、まっすぐ走るトレーニングにもなるわけですが、足腰に自信がない方がいきなりマシーンを使うのは少々危険だと思います。

そもそもジムに行かないと利用できない

自宅に購入すれば別ですが、マシーンはジムにしか置いてありません。ジムに入会すれば大体ひと月7,000円~10,000円ぐらいの会費がかかるため、ランニングマシーンを利用するという目的だけを持ってジムに入会するのが合理的であるとは思えません。個人の事情と上記に挙げたメリットとデメリットを比較して検討することになると思います。

個人的には走るためだけにジムに入会したり自宅にマシーンを購入するぐらいなら、外で走った方が良いような気もします。ただ、ジムにはランニングマシーン意外にもバイクとか他の有酸素運動のマシーンもあります。ランニングを含め広く運動の習慣をつけたいという方であれば、やはりジムへの入会はおすすめです。

 

adios

今週のお題「理想のコンビ」

私が思い浮かべる理想のコンビ

ルパン三世次元大介

理想のコンビというワードを聞いて真っ先に思い浮かんだのがルパン三世次元大介のコンビです。彼らは仕事のみならず私生活でもほぼ毎日の行動を共にし、お互いの良い面や悪い面や性格や嗜好についても把握しあっています。そんなこともあり、仕事(盗み)においては素晴らしい連携プレーを発揮して鮮やかに仕事を完遂します。彼らほど鮮やかな仕事ができるコンビがこの世に存在するとは思えません。

もちろん普段から行動を共にしていることもあり、お互いに喧嘩をすることも多くありますが、なんだかんだ腐れ縁だとかいってまたお互いにコンビを組んで行動するということを何度も繰り返しています。一時期嫌になってもまたお互いを必要としていることを自覚し、多少嫌なことには目をつむって相手のいいところを考えるという人情味を感じます。

ちなみにルパン一味にはこの二人のほかにも石川五右衛門峰不二子がいますが、コンビということで言うとやはりルパンと次元がふさわしいと感じます。

http://pds.exblog.jp/pds/1/201308/03/76/a0238076_2221226.jpg

トムとジェリー

一見コンビには見えませんが、私はトムとジェリーも立派なコンビだと思います。実際の物語の中では常に敵同士であるような振る舞いをしているように見えますが、本心では遊んでいると捉えるのが正しいような気がします。そういう意味で、様々ないたずらや遊びを繰り返す「遊び仲間」という意味でのコンビではないでしょうか。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/6e6/755291/20141004_919883.jpg

お笑い芸人

私が好きなコンビのお笑い芸人は、タカトシサンドウィッチマンです。いわゆる、オーソドックスに漫才チックなことをやる人たちが好きです。

コンビだと主にツッコミとボケに役割が分かれるので、お互いの呼吸のタイミングを合わせることがとても重要になります。相手の性格とか行動パターンとかをある程度把握していないとこのレベルの漫才をするのは相当難しいのだと思いますし、それで笑いを誘える彼らの漫才力は尊敬に値すると思っています。

https://dogatch-static-data.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/prod/kanren_news/tbs/2015_04/tbs0216nande.jpg

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-ea-31/molinolasukaru/folder/442999/24/15791024/img_0

 

結局はお互いを尊敬できることが一番ではないか

コンビというのは所詮他人同士の結束でしかありません。自分一人で成立するものではないため、お互いの意思や行動の方向性をある程度統一させる必要があります。そのために、どこかしらでお互いを尊敬できるような関係になっていることがとても大切なのではないかと思います。これは本記事で挙げた人たちばかりではなく、例えば友達同士でもカップルでも夫婦でも当てはまることだと思います。

何かをやっていくうえで、まず相手を尊敬できれば多少の嫌なことでも大目に見ようと思いますし、それが結局はコンビを存続させていく理由になるのです。また、それによってお互いをよく知ることにつながり、阿吽の呼吸で物事を進めることが可能になるのだと思います。

 

adios

 

【多様性の尊重】普通ふつうというけれど、そもそも普通ってなんなのさ

「人生普通に生きていけばいいんだ」

「結婚相手は普通の男(女)であればそれだけでいいのに」

世の中はこんなセリフを吐く人間で溢れています。

 

これらを聞くたびに毎回自分の中でこうツッコまずにはいられないのです。

「そもそも普通って何なんだよ」

相手の思うつぼになってしまった前職時代

私が前職の仕事中、上司によく言われていたことがあります。それは、

「お前は普通じゃない、こんなミスをするなんて本当に頭おかしいだろ」

完全なる人格の否定。しかし、自分に対する文句やクレームに対しても黙って謙虚に受け入れて振る舞うことこそが美徳と感じていた当時の私は、上司の言葉にも素直に反省し、自分の行動を改めるように精いっぱい努力を尽くしました。

結果的にはこれが負のスパイラルを生み出すことになります。

私が謙虚になればなるほど、上司の発言はどんどんエスカレートしていきました。その結果、重箱の隅を楊枝でほじくるような指摘のオンパレードを浴びる羽目に。疲れ果ててしまい、適応障害でやむなく休職に追い込まれてしまいました。

いい意味でもっと上司に反抗すべきだったと思っている

このようなパワハラチックな上司はもちろん許されてはいけないと思いますが、人間関係がうまくいかない場合というのは、必ず双方に原因があることが99%だと私は考えています。どちらかが一方的に悪いように見えても必ずもう片方にも原因があるのです。

この例でいうと、私があまりにも自己主張しなさすぎる人間だったので上司に舐められる状態に陥ってしまったのだと思います。仕事関係であろうと恋愛関係であろうと、いったん舐められてしまうと、そこから元の人間関係に戻すのは極めて困難になります。

当時の自分に今会えるのであれば言ってやりたいです。「お前が思っていることを正直に自信を持って堂々と上司にぶつけてみろ」と。当時の自分でも本当は上司のことがムカつくし、自分の考えでは到底納得できないようなことを平気で言われて泣き寝入りの状態になっていたのですから。でも私には自分の意見を主張する自信がなかった。上司の言っていることは社会人としては普通とされるもので、私は社会人経験が少なくてその普通という定義が分かっていなかったから、こういうものだ、という風に受け入れるしかなかったのです。

www.itmedia.co.jp

人間の数だけ普通の定義がある

私は良く思っていました。「自分の考えは普通じゃない。何年も社会人を経験している上司の考えが普通に決まっているのだ」と。この思想こそが洗脳の始まりといえるでしょう。本心では何か違うと思っているのに、無理に相手の発想に合わせようと間違った方向に努力をしてしまうこと。思っていることとやっていることがチグハグなので、当然噛み合うはずもありません。

「生き物にとって自然に振る舞うということはとても大切なことなんだ」とスナフキンは言います。自分の考えや信念に沿って行動するということがいかに大切であるかを説いています。行動というのは、気持ちが伴って初めて心からそれができるというものです。

私たちは皆別々の人間ですから、それぞれ心の奥底に思っている物事に対する考えや捉え方が異なるのは当然です。だから、自分が思うことをもっと正直に、自信を持って相手に伝えてみるということがこれから益々大切になっていくのではないでしょうか。

自戒も込めて。

 

adios