rk-baryoのゆるっと日記

元ニート、現アラサーサラリーマンのrk-baryoが世の中の素朴な疑問について語るブログです。

残業を減らすために必要な考え方

管理者の指示には意味がない

働き方改革の一環で、世の中全体で残業を減らす動きが広がっています。ただ、「残業をできるだけ減らしましょう」と表面上は言っていても、その前には「仕事が終わっているのであれば」という枕詞が隠されています。つまり、仕事はサッサと終わらせて可能な限り残業はしないようにしましょうということです。それはド正論で反論の余地が全くありません。

しかし最近、どう考えても終わらない量の仕事を振られ、それに対して「できるだけ残業しないようにしてください」という無茶を言われることがあまりにも多いと感じています。残業しないでくださいと指示を出すのは大体人事部か、人事部などに指示を受けた上司や部長である場合がほとんどです。つまり、指示者は部長=プロジェクトの管理者であり、実際に現場でフロント作業員として働く人間でない場合が圧倒的に多いのです。

指示を出すのは簡単です。社員の勤怠表を見てあまりにも残業が多いようであれば「調整してください」と一言指示をすれば良いだけですから。ですが、管理者は現場で実際にどのような作業が発生しているのかを正確に把握しているわけではないので、そこでフロント作業員の認識との間に大きなギャップが生まれてしまいます。フロント作業員としては作業が終わるまで帰宅するわけにもいかず、残業が増えてしまうのは当たり前の状況なのです。管理者がどんなに残業を減らせと指示をしても何の意味もありません。

妥協して諦める精神も必要だと思う

残業が減らないことを大きな視点で捉えると、日本人特有の”ザ・諦めない精神”が大きな要因としてあるように思います。ちなみに私はこの精神論が大嫌いです。

私たちは学生の頃、よく部活で「最後まで絶対に諦めるな、いつでも全力でいけ」と常日頃言われてきました。「もうだめだ」→「まだやれる」の発想こそ頑張るということの真骨頂であると某アスリートが言っていました。この考え方も時には必要であると思いますが、なんでもかんでもこの考え方で取り組むとエラいことになります。仕事においては、全てを完璧にこなすまで寝る間も惜しんで仕事をする社畜の鑑が完成します。残業時間なんて全く気にせずに働き続けるのです。

仕事はもちろん完璧にこなす必要があるのですが、所詮人間のやることなので完璧なんて無理だと個人的には思っています。そして時間をかければそれなりに成果物の質も上がりますが、やはり限度というものはあります。そして、私の少ない経験上ではありますが、毎日長時間残業せざるを得ないような状況に陥っている時点で、最終的にその仕事はうまくいかないというケースがほとんどでした。それらは結局、後に仕切り直しになっています。

どうせ後でやり直しになるのであれば、意味のない長時間残業をしてひたすら”頑張っているフリ”をして疲弊するよりも、早い段階で諦めをつけてどのように仕切り直すのかの段取りをしっかり立てていく方がよっぽど効率的だと思うのです。ダメだと思ったらサッと諦めて次の手段に切り替えるのです。このような意識改革が多くの日本人に浸透しない限り、働き方改革とは名ばかりで内容の伴わないものになってしまうと思います。

 

adios

花粉症の症状を軽減するために行っていること

私は花粉症です。大体、毎年2月の最終日ぐらいから鼻や目の痒さ等の症状が出始め、3月に入ると症状が重くなり、くしゃみや鼻水が止まらなくなる日が増えてきます。ただ、その時期は毎日症状がひどいかというとそうでもありません。では、一体どういう条件が揃うと花粉症の症状が酷くなり、逆にどうすれば症状を最小限に抑えることができるのかを私なりの視点で紹介したいと思います。

規則正しい生活習慣を身に着けることが大切

睡眠や栄養が不足していてなんとなく体調が優れないときは、花粉症の症状が顕著に表れることが多いです。目が痒いのはともかく、くしゃみをたくさんするとティッシュの消費量も半端ではありませんし、体力もかなり消耗して疲れてしまいます。こうなればもう立派な体調不調といえるので、仕事をできるだけ早めに帰宅するとか、夜のダラダラする時間を削ってさっさと寝るとかの対策をとる必要があります。バランスの良い食事と必要な睡眠時間を確保するようにしましょう。

薬は病院で処方してもらうべし

花粉症対策で薬も服用しています。市販の薬も数多くありますが、正直効果はいまひとつだと感じています。

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT7SU8HJqNxZa8Tm8FicuzB5A5ZlQDYDMClKv7xMyeKkYDVwUwh

しかし、現在服用している病院で処方してもらった薬はそれなりに効果があると感じています。ちなみに私が飲んでいるのは「アレグラ」です。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81mGVxXznPL._SX466_.jpg

アレグラについては、現在ではジェネリックも発売されているためそれなりにお買い求めしやすくなっています。基本は朝夕の食事後に1回1錠服用する用法容量となっていますが、私は朝か夕かどちらかしか服用しなかったりすることが多々あります。それでも、服用した時と全く服用しなった時ではやはり服用した時の方が症状は軽くなるように感じます。副作用で眠くなるということもあるらしいのですが、私はこの薬を飲んで眠いと感じたことはほとんどありません。個人的には副作用はほとんど気にしなくて問題ないと思います。

マスクと眼鏡は欠かせない

通勤時やその他の外出時は必ずマスクをするようにしています。なお、メガネはデフォルトでいつもしています。マスクはできるだけ肌との隙間を無くすようにぴったりと付けること、ジャバラのギザギザが下になるように付けること、そして毎日取り換えることの3点をしっかり守っていればそこそこの効果はあると思います。もちろん調子が悪いときはマスクをつけていても全然ダメなのですが、それでもつけてないときよりはマシだと感じます。

https://tguchi.s3.amazonaws.com/uploads/topic_item/image/58029/retina_pixta_1000175_S.jpg

家の中を掃除機で掃除する

家の中で花粉の症状が酷くなることが多々あります。外から持ち帰ってきた花粉が家に入り込んでしまうためです。そして、一番花粉がたまるのは床です。ですので、毎日床と絨毯などに掃除機をかけると良いです。また、そもそも花粉が家の中に入りにくくるために、玄関にブラシを常備しておき、帰ってきたら上着とズボンなどをサッとブラッシングするということも並行して行うとさらにベターです。

面倒ではありますが、地道な日々の努力が花粉症の症状を軽減するための唯一の方法なのです。

 

adios

思ったらすぐ行動をすることが後悔を最小にする場合もある

今でも時々ありますが、ちょっと前の私の考え方に「これはすぐできるから後でやろう」というものがありました。日常生活のちょっとしたことや仕事でも無意識にこの考えで行動することが多くありました。

例えば仕事上でExcelフォーマットを少し修正するような小さなことを依頼されます。一応期限は切られているものの、すぐにできるからわざわざ今やっている作業を止めてまでやろうとは思わず、期限ギリギリで取り掛かれば終わるだろう、と考えます。メモを取っておけばまあやること自体を忘れることはありません。

しかし、期限が近づいていざその仕事にとりかかろうとすると、緊急で違う仕事の対応依頼が舞い込んできます。緊急ですのでどうしてもそちらを対応せざるを得なくなります。その結果、やろうと思っていた簡単なExcelの修正の仕事ができず、その仕事の期限を守れず他の仕事にも埋もれてしまいパニックモードになるという手痛い失敗をします。

今できることは今やろう

上記の失敗は私の経験談なのですが、このようなことがあった時から、日常生活でも仕事でも今取り掛かれることはサッサっと取り掛かって完了させておく、というスタイルをとるようにしています。もちろん、目の前にあるすべてを前倒して行うのは無理なので、今できる簡単なことほど前倒しして終わらせておくということが重要です。

とはいえ考えてから行動することも必要

今できることは今やることはとても重要な考え方なのですが、何もかも思いついたらすぐ行動するとこれもまた大きな失敗につながるケースもあるから厄介です。

とりあえず勉強したいから思いつく限り書籍を買ってみたものの、後で調べてみると自分の目標に近づくためにはその書籍の内容がほとんど役に立たないことが分かり、買ったものが結局無駄になってしまう、なんてこともよくありました。こういう場合には、事前にどんなことが必要かをある程度リサーチしたうえで、購入するという行動を起こした方が良いということが分かります。仕事においても、なんでも事前にやっておけば間違いないという場合だけではありません。事前にやったものの、その内容が後から見たら間違っていたため結果やり直しになったりすることも何度かありました。

将来発生する事象を予測してそれに応じた行動をとるのは非常に難しいことではあります。事前にどういった行動をとっておくと将来自分がよりハッピーになれるか、現時点でいろいろなことを予測して行動できるようになりたいと思っています。

 

adios

ここに社会人としての勉強を始める宣言をする

小学生の頃はともかく、中学高校時代私は割と真面目に勉強に取り組んできました。高校は地元でそこそこの進学校に通い、大学も全国規模でそれなりに有名なところに進学することができました。

受験が終わり、遊ぶこともせず来る日も来る日も勉強漬けだった毎日から解放されると、周りの多くの人間は勉強をしなくなりました。もちろん、大学生になってもゼミやクラスという名の勉強の場はありましたが、勉強なんてしていても将来の就職に役立つわけがないと思い、単位を取ることを念頭に置いた勉強しかしなくなる人が圧倒的に増えました。

そしてやはり就職面接でも、どんな技能や知識を学んできたかを大して重視せず、その場のコミュニケーション能力や人当たりの良さなどの”人間性”を評価の主軸とする数多の企業と出会う度に絶望しました。中高生の頃に頑張った勉強っていったい何のためだったのだろうと、何度も自問しましたが答えは出ないまま時は流れます。

そして私は、会社で働く以外の方法で収入を得る方法に興味を持つようになり、最近になって勉強の重要性に気付いてきました。

勉強をしない社会人

社会人になってから今までの私もそうなのですが、会社に入社するというゴールを達成してしまうと、もう勉強なんてしなくなる人がとても多いです。なぜなら、学生の頃勉強するのは良い就職先(会社)に入るためというゴールがあるからです。ですので、ゴールを達成した後にまだそのための手段を続ける必要などないという考え方が根本にあるのです。

しかし、当ブログでも何度も言うように、今のご時世会社なんていつなくなるか分かりません。大手企業でも人件費削減のために希望退職を募ったり、リストラをするような会社もあります。会社員は絶対安定というのは昔の話であり、様々な稼ぎ方が増えた今ではもはや神話でしかありません。

家族を持つ人間が会社から切り離されてしまったらどうなるのでしょうか。別の場所に転職したり自分で稼ぐ力を身に着けていなければ、今の会社の犬になり理不尽なことにも泣き寝入りしないといけない状況になるかもしれません。そんな未来を想像し、今何もできない自分に対して相当な危機感を感じ始めています。

まずは休日に勉強の時間を作ることから始める

社会人になると自由に使える時間というのは少なくなりますが、ネットサーフィンなどの無駄なことを少しでも削れば多少の時間は作れるはずです。まずは、リズムを作るために週2日の休日に適当な時間を勉強に充てるようにすることから始めていきたいと考えています。内容は、プログラミングや情報技術系の勉強はもちろん、ブログの勉強もしていきたいと思っています。

今現在は将来の最終的な目標が明確に定まっていないため勉強のモチベーションを保つのも少し難しいのですが、勉強をして損をするということは基本的にはないと思います。同じ時間ならネットサーフィンしてダラダラしているよりも短い時間でもサクッと頭に知識を埋め込む方が有益です。

まずは半年以上前に買っておいた新品同然のテキストを開くところからスタートです。

 

adios

歯の健康を維持するために私が行っていること

今日もお題から記事を書きます。

 

自慢になってしまいますが、私は生まれてこの方虫歯になったことがありません。親知らずの部分でどうしても手入れが難しい部分などは若干虫歯予備軍みたいな状況ですが、明確に虫歯とはなっていません。

私は、他の人よりも歯が汚れやすいと自覚しています。それでもこれまでの人生で虫歯ゼロを何とか継続できています。そんな私がどのように歯の手入れをしているかを紹介します。

歯ブラシで気を付けていること

歯ブラシで特に気を付けているのは、まんべんなく磨くことはもちろんなのですが、もっと大切だと感じているのは、歯ブラシに”時間を掛けすぎないこと”です。一般的には3分ぐらいが良いと言われていますが、まさにその通りでその3分の間にまんべんなく細かい動きで程よい力加減で丁寧に磨けば、歯ブラシの役目は十分活かせます。それ以上ダラダラ磨くと、逆に口の中がネバネバしてきて嫌な感じになります。口の汚れは短時間でササッと洗い流すべきです。

良い歯ブラシとそうでない歯ブラシというのは確かにあるようですが、個人的にはあまり違いはないと思います。実際、私が自宅で使用しているのはそれなりの値段のまあまあの歯ブラシですが、汚れの落ち方とか磨き心地は安いビジネスホテルに置いてある歯ブラシと大差ないと感じるからです。言葉は悪いですが、歯ブラシで出来る範囲の歯の掃除なんてものはたかが知れているので、良い歯ブラシに拘るのはそこまで重要ではないと思います。

なお、電動歯ブラシは普通の歯ブラシと比べて歯の表面の歯垢の取れ方がかなり良いので、歯のネバネバが気になる方にはオススメのアイテムです。

ぶっちゃけ歯ブラシだけじゃ手入れが足りない

私は歯ブラシの後にも別の方法で歯の掃除をします。

歯を磨くのは大体1日に3回です。これは普通の人と変わらないかもしれません。朝と昼は割と適当に歯ブラシして終わりにしますが、夜は歯磨き粉を付けて3分ぐらい入念に磨きます。そして、そのあとデンタルフロスで可能な限り歯ブラシで取り切れなかった歯と歯の間のゴミを取ります。

https://t.pimg.jp/006/308/608/1/6308608.jpg

それが終わったら、歯の表面に残った歯垢や歯石を歯間ブラシをはじめとする金属の用具でガリガリ取り除きます。

https://haisha-yoyaku-blog.jp/wp-content/uploads/2015/05/shiseki-300x300.png

通常は1日で歯垢がたくさんたまることはないと思いますが、どうも私は昼間にしっかり歯を磨いてもこれが1日で結構たまってしまうことが多いです。そのため、毎日夜の歯磨きでこれらの作業をしっかり実施しています。たとえ泥酔帰宅して意識が朦朧する夜でも帰りが深夜2時になろうとも、自分で歯を磨くようになった小学校高学年の頃から現在まで、ほとんど欠かしたことがない習慣になっています。

この作業はかなり面倒くさいのですが、これをやらないと口の中がネバネバしてとても嫌な感じがして夜もぐっすり眠ることができません。

歯医者は半年に1回

日々の入念なケアはしているものの、やはり素人が自分でやることにはどこかしらに綻びが生じるものです。ですので、やはり歯医者に行って定期的に歯を見てもらうようにしています。自分が日々やっていることが間違っていないのか、歯の掃除に夢中になるうちに別のどこかのケアが疎かになっていないか、ということ定期的にチェックしてもらい、方向性を確認する必要があります。

何年も通っていますが、私自身は特に大きく問題を指摘されたことはありません。ですので、自分の行っている歯の手入れが間違っているとは思いません。ただ、歯の手入れに夢中になりすぎ、歯茎を傷つけて痛めてしまうことがあるので、その点は注意しなければならないと感じています。

 

電動歯ブラシ「ドルツ」特別お題キャンペーン #はてなブログ歯みがき週間 「私の歯みがき」

バナー
Sponsored by Panasonic

【今週のお題】私の未来予想図

今日は今週のお題からです。

子供の頃抱いた大きな夢の大半は実現できない

小学生低学年ぐらいまでは、誰しも将来の自分に大きな希望を抱いていたことでしょう。私は、小学1年からサッカーをやっていたので、一時期は将来サッカー選手になりたいと本気で思っていました。そして、地区の大会で良いパフォーマンスが発揮できるたびに自信を持ち、将来本当にプロになれるんじゃないかと錯覚した時期もありました。

しかし、小学校5年生ぐらいになり、それまでよりちょっと規模が大きい大会に出るようになると、見える景色が一変しました。自分よりも体も大きくうまい選手がゴロゴロいるという現実を突きつけられます。このタイミングで私は早くも、こんな奴らに打ち勝って将来自分がプロになるなんて絶対無理だと思ってしまいました。そして私は小学校卒業と同時にサッカーを辞め、中学から陸上競技に転向しました。

子供の頃に抱いている夢を大人になって叶えるのはとても難しいことです。子供の頃の夢というのは、一部の天才が並大抵でない努力を重ねていった結果、ようやく叶えられるかどうかという世界のものが多いです。

夢のレベルは少しずつ下がっていく

中学卒業くらいで自分のスポーツの才能のなさに絶望した私の次なる目標は、20歳までに結婚して子供を作って幸せな家庭を得る、という先ほどまでとは180度逆の方向性のものとなりました。なかなか厳しい目標ではありますが、プロサッカー選手と比べると若干実現の難易度は下がると思います。

しかし、大学受験に差し掛かる頃に将来の自分をそれなりに真剣に考えるようになり、20歳で結婚して家庭を持つというのがどれだけ大変なことなのかを思い知ります。当時の私があと少ししたら他人を養うなんて想像もつかないことでした。そして私の夢はまたあえなく潰えることとなりました。

大きな夢より小さな目標から一歩を踏み出そう

その後も紆余曲折ありましたが、結局自分が思い描く夢を実現するのは相当困難であるということを学んだだけでした。人生における理想と現実のギャップというのは自分が想像している以上に大きいということです。

だったらいっそ、大きな夢なんて持たなくても良い、というのが今現在の私の生き方です。もちろん、ぼんやりとこうなりたいという像や目標は心の中にあるのですが、その大きなイメージだけにとらわれてしまっては何も成功しません。だから、日々の生活の中で小さな目標を立て、それを一つひとつクリアしながら少しずつ自分の目指す形に近づいていくというのが現実的な進み方なのだと思います。

例えば、100歳まで生きたいという大目標があるのであれば、それを目指すために何か特別な食べ物を食べたり特別な運動をする必要はないです。毎日それなりに規則正しくできるだけストレスフリーで生活する、という小さな目標を実践していくのです。そうすることで、最終的な目標である100歳まで生きるという大目標に少しずつ近づくことができると思うのです。

 

adios

POLA×はてなブログ特別お題キャンペーン #私の未来予想図

バナー
Sponsored by POLA

週初めの憂鬱を取っ払うために行うべきことを考えてみた

サラリーマンにとって、月曜日は悪魔のような日です。体のリズムが狂った休日明けにどんよりした空気が漂う満員電車に乗り、行きたくない職場に行き、会いたくない人に会い、面白いと思えないような仕事をやらなければならないからです。

やりたくないことはやらないというのが一番手っ取り早いのですが、定職に就かずに収入を得てそれなりの生活水準で満足な暮らしをするというのはなかなか難しいことです。ですので、私たちは何らかの職に就いて、どこかしらに不満を持ちながら日々仕事をしています。

そんな社会の歯車の”ワーカー”である私たちが休日明けに少しでも気分を明るくして職場に向かうにはどうすれば良いのか考えてみました。

 

前日の深酒はNG

まず、いくら翌日が憂鬱でその気分を紛らわしたいからと言って、お酒をいっぱい飲んで酔っ払い過ぎるのは非常によろしくありません。結果として、翌日の朝起床時に前日の夜の自分を殴りたい気分になります。私の場合、ちょっと飲みすぎたな、という日に限って布団に入っても動機が収まらず、なかなか寝付けないことが多いです。そのくせ、翌日起きると全然快眠感がなくてメチャクチャ眠いというパターンです。ただ、お酒の量を抑えたり禁酒すると、飲みすぎた日に比べて快眠感を得られるようになります。寝る前のお酒の量はほどほどにしておくと良いです。

サザエさんは見ても見なくてもどちらでも良い

巷で話題になっている”サザエさん症候群”というものがあります。日曜日の夕方にサザエさんを見ると、翌日から始まる仕事を思い出して嫌な気分になる、というものです。ただ、サザエさんはサラリーマンを陥れるために制作されているものではなく、サザエさんに罪はありません。要は受け取る側の気持ちの問題なのです。だから、サザエさんを見てどうしても気分が優れなくなるのであれば見なければ良いし、気にならないなら見ても良いのです。当たり前のことしか言っていませんが、世間の声よりも自分の気持ちと心に従って行動しましょう。

いつもより1時間早く寝る

毎日決まった時間に寝起きすることができれば理想ですが、休日と平日だとやはり生活リズムが多少異なるという方が大半だと思います。例えば私なら平日は朝6時15分ごろ起床してすぐに朝食を食べて7時過ぎに家を出る、という暮らしですが、休日は大体9時30分から10時ぐらいに起床してそこから朝食をとります。平日と休日の起床時間に3時間以上ズレがあるので、月曜日にいきなり早く起きると体にかなりの負担が掛かっている感じもします。ですので、体内時計を平日仕様に戻すために、前日はいつもの平日よりも1時間ほど早く寝るのが良いと感じています。また、夜に早く布団に入っても寝付けるために、その日の朝もできる限り早めに起きておく、そして起きられるように前日早く寝る、と繰り返していけば好循環となります。まあ、言うは易く行うは難し ではあります。

寝る前のネットやスマホサーフィンの時間はほどほどに

よく言われるのが、寝る1時間前にはネットやスマホを見ないようにすると良く眠れるというもの。しかし、PCでこうやってブログも書くし、ネットサーフィンもするし、ベッドに入ればスマホTwitterや他のSNSをチェックするという方は結構多いと思います。ですので、1時間前に全てシャットアウトというは現実的に難しい面もあります。そこで現実的な案として、寝る直前にスマホを見ても良いので、見る時間を今までの半分程度に抑える、ということをするだけでもかなり効果はあると思います。私も寝る前のスマホいじりの時間が短い日ほど、そのあと寝付くまでに苦しまなくて済むことが多いです。目に入るブルーライトは可能な限りカットしましょう。

0655のだじゃソングで不安を一蹴する

後はこの曲を聞いて一週間の不安を吹き飛ばしましょう。英語やフランス語の勉強もできますよ。曜日だけですが。

www.youtube.com

ちなみにこの0655と2355という番組ですが、私はこれを見ると憂鬱な気分が少しだけ楽になるので、個人的にはオススメです。

 

adios