rk-baryoのゆるっと日記

元ニート、現アラサーサラリーマンが日常生活、ビジネス、会社、旅などについて語るブログ

筋トレをして変わったこと

こんにちは。rk-baryoです。今日は筋トレをしてそれまでと変わったことについて書きます。
rk-baryoは2年前ぐらいからジムでの筋トレを始めて、1回につき1時間~1時間半のトレーニングを週2回ほど続けています。始めて1年で体重を10kg増やしました。

 

 

良かったこと

似合うファッションが増えた

それまではヒョロヒョロであばら骨が浮いているような体型でしたが、10kg体重を増やして筋肉も増やした結果、腕も太くなって肩幅も広くなり、夏にTシャツ一枚でもそれなりにカッコよく着こなせるようになりました。また、スーツもそれまでハンガーにかけたような感じで着せられている感じがなくなり、しっかり着こなすことができるようになりました。

手足の末端のしもやけが治った

個人的にはこれが一番自分の中で良かったことです。生まれてこの方、冬になると毎年手足のしもやけに悩まされてきました。それが、筋トレを始めた年からはしもやけができなくなり、冬にしもやけで苦しむことがなくなりました。おそらく、筋トレで基礎代謝や体温が上がったことが要因かもしれません。冷え性に効果があるのかどうかは不明ですが、似たような悩みを抱えている方は筋トレすることで、しもやけを予防することができるかもしれません。

気持ちがポジティブになる

仕事や人間関係の悩みがあるとき、家でグジグジしているよりも、ジムで汗を流して一生懸命筋トレをしている方がポジティブになれます。ジムでの時間は普段の嫌なことを忘れ、その時間だけ現実逃避することができます。また、根拠のない自信みたいものも生まれるので、悩んでいること自体がちっぽけなものに見えてきて気持ちが前向きになることもあります。いいリフレッシュになるということですね。

良くなかったこと

お金がかかる

ある程度本格的にやろうとすると、プロテインなどのサプリの購入代がかかります。
 

https://ic4-a.wowma.net/mi/gr/114/bcimg3-a.wowma.net/bc31/u40383900/cabinet/supplement/wpc/imgrc0070639524.jpg


どれだけプロテインを摂取するかによりますが、1カ月に一袋(1kg)摂取すると、月4,000~5,000円ぐらいかかることになります。節約したい方にとってはとても痛い出費ですね。この辺は上記のメリットと天秤にかけて判断することになるかと思います。

前まで着られていた服が入らなくなる

筋肉をつけて体重が増えると、以前まで入ったジーパンが入らなくなったりします。
rk-baryoはスーツもかなりきつくなってしまいましたが、辛うじて着ることはできました。あまり体重を増やしすぎると新しく服を購入したりする羽目になります。増量は慎重に行うべきかと思います。

筋肉中心の生活になりがち

筋トレあるあるですね。筋トレにはまると、高たんぱく中炭水化物低脂質の食事にこだわるようになります。そのため、一食一食の栄養バランスにこだわりすぎて本当に食べたいものよりも、栄養素を優先したチョイスになってしまうことがあります。

また、何よりも筋トレを中心に行う生活にシフトしてしまう可能性もあり、それまでできていたことに時間を使えなくなるというデメリットもあります。

まとめ

いかがでしょうか。筋トレを行うその強度や熱中度にもよりますが、上記のようなメリットデメリットがあるとrk-baryoは考えています。自分がどういうスタンスで筋トレをするかによって基準は変わってくると思うので、目指す姿と現実を比較して楽しい筋トレライフを送れると良いと思います。
  

あわせて読みたい

rk-baryo.hatenablog.com

 

adios