rk-baryoのゆるっと日記

元ニート、現アラサーサラリーマンが日常生活、ビジネス、会社、旅などについて語るブログ

ストレスを吹き飛ばすために筋トレをしよう

今週のお題「運動不足」

筋トレはストレスに苦しむ自分を救ってくれた

最近でこそ減ってきたが、これまで筋トレに対して批判的な考え方をする人は多かった。「スポーツ選手でもない一般人が無駄な筋肉をつけるのは無意味だ」とか「ナルシストで気持ち悪い」などの意見を耳にすることが度々あった。そして学生時代は私もそのように感じていたし基本的に筋トレは嫌いで、雨の日はその日の部活動がほぼ地味な筋トレのみで終わってしまうので、サボって帰宅することも多かった。だから筋トレに対して否定的な見方をする人の意見も分かるし、その考えもある意味では間違っていないとも思う。

しかし、社会人になって何気なく始めた筋トレは私を多くのストレスから救ってくれた。上司のパワハラや仕事のプレッシャーなど、サラリーマンになってから多くのストレスにさらされることがあったが、そんな生活の中でも筋トレをすることで多少なりともストレスから解放される瞬間があった。筋トレをしているときは余計なことを考える余力がなくなり、自分自身と徹底的に向き合うことができる。もしあの時筋トレを習慣的にやっていなかったら多分うつ病になったり、最悪の場合は自殺していたかもしれないと今になって思う。少なくとも私にとって筋トレとはただ辛く面倒なものではなく、精神的に落ち込んでいる自分を救ってくれるかけがえのない趣味である。

日常の煩わしさから逃れる時間を作るのが重要

お気づきかもしれないが、大切なのは筋トレをすることそのものではなく日常の悩みや煩わしい物事を忘れる時間を定期的に作ることである。私にとってはそれが筋トレであったというだけであり、ランニングや球技など他のエクササイズでも良いし、運動でなくても自分が時間を忘れるぐらい熱中できるものであればなんでも良いと思っている。ただ、個人的には体も健康に保つという意味で、何かしら体を適度に動かす趣味や習慣を持っておくのはとても大切だと思う。

もし、今大した趣味がないとか時間やお金がかかる趣味に後ろめたい気持ちを持っている方がいるのであれば、私からは新しい趣味に是非筋トレをオススメしたい。そして、筋トレにハマれば自重のトレーニングでは満足できなくなるので、初めからジムに通って色々な器具を使って体を動かすことを体験して欲しいと思う。それを続ける中でだんだん楽しさを見出してハマっていけば継続すればいいし、つまらなかったり自分には向いていないと感じたら退会すればいい。

全員が全員筋トレを好きになるのはもちろん不可能だと思うが、もし今現状に悩んだり生きていくのがちょっと苦しいと感じている人がいるのであれば、何も考えずにジムに行って無心で体を動かして汗を流してほしい。それだけで悩みが解消されたり軽減されるのであればこれほど美味しいことはないと思う。

 

adios