rk-baryoのゆるっと日記

元ニート、現アラサーサラリーマンが日常生活、ビジネス、会社、旅などについて語るブログ

無職で毎日暇なのに気分が晴れない理由を考えてみた

 こんにちは。rk-baryoです。rk-baryoは現在無職で毎日ほとんど自由なのですが、なんとなく日々に張合いがないような虚無感に襲われることが最近増えました。その原因について考えてみました。

 

rk-baryoは仕事していても無職でも虚無感を感じていた

仕事をしていてた日々に感じた虚無感

 仕事をしていた頃は基本的に会社と自宅の往復で平日が終わり、土日は基本的に家で休んだりして非アクティブに過ごすことが普通でした。お金は稼いでそれなりに生活もできるけれど、自分の人生が何のためにあるのか良く分からなくなることが多々ありました。それぞれの日々になんだか充実感がないのですね。

 そんな中、休みの日にたまに誰かと会って酒を飲みながら話をしたりすると、「ああ、自分は生きてるなぁ」と感慨深くなることもありました。ただ、毎日つまらない仕事をこなして過ぎていく日々を、充実した人生の一部分だと感じることはありませんでした。

毎日暇になっても虚無感は抜けなかった

 そして仕事を辞めた今、ほぼ一日何もない日々を送っていますが、虚無感は無くなりません。仕事をしたらその感覚がなくなるのかといえば、以前の経験からそれも無さそうな気がしています。生産性の問題ではありません。自分が果たしてなぜ生きていて毎日生活しているのか、何のために今日を生きているのかどうしても分からなくなります。仕事をしていた時も同様でした。無職になればこの虚無感が無くなるのでは、とちょっと期待をしていました。しかし、その期待は裏切られました。

虚無感の正体はストレスの多さ/少なさかもしれない

 ふとどこかで聞いた言葉を思い出しました。「人間にとってある程度のストレスは必要だ、ストレスが全くないと人間はダメになってしまう」。恐らくこれでしょう。仕事の時はストレスが多すぎて、無職の時はストレスが少なすぎるのです。つまり、自分にとって適切なストレスを受けることができていないと、人間は虚無感を感じるのかなと、今このブログを書きながら思いました。

 仕事していた時は毎日朝早く夜遅くまで、いろいろな人に文句を言われたり叱責されたり、ストレスを感じることが多くありました。そのストレスレベルが自分の許容レベルを超えていたせいで発生した虚無感だったのでしょう。また、無職状態だと自由でストレスがなさ過ぎて、逆にそれが虚無感につながっていると思われます。

虚無感を感じないようにするためにはどうすればいいか

 ズバリ、自分に合ったほど良いストレスをかければ良いでしょう。

仕事をしている場合

 仕事の場合はある程度のストレスからは逃れられません。満員電車の通勤、嫌な上司・同僚・顧客、話したくない人とのコミュニケーション、人が密集した座席、、etc。色々なストレスがあるでしょう。このストレスに対応するには、

 

①自分のストレス耐性レベルを上げる、
②または周りから受けるストレスを少なくする

 

 というところでしょうか。①は頑張ればできるかもしれませんが、②は自分だけではどうしようもないことなので難しいかもしれませんね。異動するとか転職するとか方法はありますが、そんな簡単にできることでもないので。やはりその組織に自分を適応させていくのが一番最短かとは思います。それが無理であれば迷わず異動や転職を考えるべきでしょう。ストレスで潰れるぐらいならそんな仕事はさっさと辞めるべきです。

無職の場合

 また、無職の場合は自分にストレスをかければ良いのです。具体的には以下のようなことをすると日々が充実して感じると思います。

 

・早寝早起き
・ブログを書く
・時間を決めて勉強や読書
・昼ご飯を自分で作る
・昼寝
・体を動かす(ランニングや筋トレなど)

 

 あとたまに旅行行ったりするのもいいかもしれませんね。
一番大切なのは、やはり早寝早起きだと思います。まあなかなかできませんけど。たまに早起きすると、一日が本当に充実します。理由は分かりませんがなぜかそう感じるのです。具体的には23時就寝で7時起床ぐらいの生活が毎日できるとかなり健康的ですし、一日の充実度も上がると思います。早起きというのがちょうど良いストレスになるのかもしれないですね。

まとめ

 話が行ったり来たりしましたが、何かしら生きていることに張合いがないと感じている方は、それがストレス過多によるものなのか、ストレス少なすぎることによるものなのか考えてみてください。その上で、ストレス過多ならそれを軽減する方法、ストレス少なすぎであればちょっとストレスをかけること、具体的には少し早起きするとか運動するとか、を意識して行うと良いと思います。rk-baryoももう少し早寝早起きして充実したニート生活を送りたいと思います。

 

*併せて読みたい

rk-baryo.hatenablog.com

rk-baryo.hatenablog.com


adios